雨樋や屋根修繕の依頼をする前に!部分修理や全面修理の金額を比較

家の中でも重要な役割を担っている「屋根」と、目立たなくとも必要不可欠な存在である「雨樋」の修理。
セルフでできることもあるかもしれませんが、業者に依頼することが、大半かと思いますが、

屋根には「部分修理」と「全面修理」の2種類があり、どちらを選ぶかによって金額に大きく差が出てくるようになります。

今回は屋根の修理が必要になった時、ご自宅の屋根はどちらで修理したほうがいいのかを考えていきましょう。

 

部分修理と全面修理では金額に大きく差が出る

屋根修理

 

施工に掛かる時間も量も圧倒的に違うため当たり前ではありますが、安いからといって「部分修理」をしていると後々手痛い出費が出てくることもあります。

だからといって「全面修理」をすればいいのかというと、何の調査もなく全面修理をしてしまうと必要のない修理を行ってしまい、これまた費用がかかってしまいます。

どちらを選ぶべきなのかをしっかりと下調べをして、適切な業者に依頼することが大切となります。

「部分修理」と「全面修理」のどちらを選ぶべきなのか、メリットとデメリット、状況などを考えるためにも事例をもとにご紹介していきましょう。

部分修理は安くできるが追加修理が必要になるかもしれない

「部分修理」を選ぶときに、屋根や雨樋の状態を考えずに依頼してしまうと追加で修理が必要になってくることがあります。

比較的新しい家であれば、何かのトラブルで屋根や雨樋の修理が必要になるということの方が多いかもしれません。
古い家となると全体的にも経年劣化による修理になってきますので、目立つ部分だけを修理しても次から次へと修理箇所が増えてしまい、結局全面修理・・・。なんて事だってあります。

ですが、全面修理をするべきなのはわかっているけれども、予算的に部分修理しかできないということもあるかもしれませんが、その後に修理が必要になってくることによってトータルの修理費用は全面修理をするよりも高額になってしまうため、あまりオススメはできません。

突風などの自然現象や自然災害によって一部分が損壊して、屋根から雨漏りしたりすることもありますが、家の築年数も見ながら専門の業者に見てもらって部分修理にするか全面修理にするか決めたほうがよいでしょう。

全面修理は高くても安心感が手に入る

部分修理とは違い、全面修理をすることによって「安心感」を手に入れることができます。

屋根のリフォームのようなものになりますので、その後数年~数十年後も家を守ってくれることになります。

費用については部分修理に比べると高額になりますが、築年数が古くなっているお家であれば全面修理をおすすめします。

部分修理では修理のいたちごっこになることもある

部分修理

先にも記述しているように、古い家となると長年の紫外線や熱の変化などで屋根や雨どいは劣化してきています。

屋根にも耐久年数というものがありますので、それ以上の年数になってくると手を加えなければならないのが現実問題としてあります。

まず雨漏りをしているところを部分修理してもらったと思ったら、数か月後には他の箇所からも雨漏りをしているなんてことがあるかもしれませんね。

修理を繰り返すことで費用が掛かってしまうこともある

屋根の修理は高所作業となりますので、業者に施工してもらう時には足場を組んでもらって作業をしてもらうことになる場合があります。

そうなると毎回毎回、修理をするたびに足場を組んで解いてを繰り返すことになってしまうため、施工費用が膨らんでしまいます。

部分修理をすることでさらに費用がかかってしまうデメリットも把握したうえで、依頼をしなければなりません。

全面修理をすることは家にとってもメリットがある

全面修理

屋根や雨樋の全面修理をすることは、家に長く住むうえでも大きなメリットがあります。

外観の面から言っても築年数がそれなりに経過している家であっても屋根や雨樋が綺麗になることによって、見栄えが大きく変わってくるのは想像に難しくないでしょう。

しかし、外観だけのメリットではありません。

とても実用的かつ今後の憂いを断つことができるメリットがあり、それが「雨漏りによる電気系統のトラブルを防止」することができるという点です。

雨漏りを防ぐことによって漏電を防止

屋根に穴が開いたりしてしまうと、雨が降ったときに雨漏りをしてしまいます。

雨漏りによって家の柱となる部分が腐ってしまい住むことが困難になるだけでなく、雨水が部屋に侵入してきてしまうこともよくある光景でしょう。

雨水が内壁の中を伝っていくことによって電気配線へと到達してしまうと、電気が雨水を通ってしまうため「漏電」してしまう可能性が出てきます。

一度漏電してしまうと、通電がうまくできなくなってしまったりショートしてしまうこともあり、最悪の場合は電気による火災に発展してしまうこともあり得ます。

こうした漏電の危険性を防ぐためにも雨漏りが発生した時には屋根の修理をしなければなりません。

そして、部分修理ではなく全面修理をオススメしている理由として先にも記述しているように、一部分だけを修理したとしても他の箇所からの雨漏りが発生してしまうことがありえるからです。

全面修理をすることによって、家に長く住むための備えをすることができるうえに危険を予防することができるのは大きなメリットになるでしょう。

しかしながら、全面修理をするに当たって気になるのが価格となるのも確かです。

そこで、本記事の出番となるわけですが、部分修理と全面修理の金額を比較した文言については最後にお伝えします。

金額の比較の前に、屋根や雨樋の修理をしてもらったときに数か月した後に再び雨漏りなどが発生してしまうと面白くありませんよね?

施工してもらった業者によっては、一定の条件下での不具合であれば施工後の長期保証を受けることができる場合もありますのでそれについてもご紹介しておきます。

施工の長期保証を受けることができるメリットもある

屋根の修理を施工してもらって、一安心したところで数か月から数年経って再び雨漏りが発生した時には、同じように業者に頼んで修理をしてもらわないといけません。

しかし、屋根の部分修理では受けることのできない恩恵として、全面修理であれば「長期の保証を受ける」ことができる場合もあります。

施工した業者によって保証の期間は様々ではありますが、家電製品であれば5年程度の保証期間があれば長いと思われるでしょうが、屋根の場合は20年の長期保証がついている業者もあります。

長期の保証があるということは、それだけ施工に自信があるということでもありますし、依頼した側としても何かあれば相談しようと思うことができるのではないでしょうか。

部分修理ではこういった長期の保証を受けることができませんが、全面修理であれば受けることができますのでオススメします。

部分修理と全面修理の金額を比較!

料金比較

屋根の部分修理と全面修理の金額を比較する前に「雨樋」の平均的な相場をご紹介します。

雨樋の交換(1mあたり) 5千円〜
継ぎ手の交換や修理工事 1万円〜
雨樋の清掃作業 1〜3万円
雨樋の交換 10〜50万円

続いて、屋根の修理費用についてですが、屋根の修理をするときに瓦屋根であれば瓦も修理代金に入ってきますので、雨漏りの屋根修理と一口に言ってもばらつきがあることをご承知ください。

部分修理 20〜40万円
全面修理 100〜200万円

上記の費用は「足場代」も込みでの平均的な概算費用となります。

屋根・雨樋の修理を依頼する

屋根・雨樋修理には特別な資格は必要ありませんが、資格が要らないと言うことは悪徳業者が多いのも事実。
きちんと信頼できる業者に依頼するのがベストです。

こちらで、見分けかたのコツを伝授していますので参考にしてみてください。

その屋根修理、ちょっと待って!それって悪徳業者じゃない?

・kurashiの救助隊なら

屋根・雨樋の専門スタッフが、丁寧にご対応いたします。お見積りは無料!住宅や暮らしのお困りごとがございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください!

修理のご依頼、ご相談は雨樋・屋根修理の特設ページ までお問合せください。

屋根雨樋修理や雨漏り専門チームkurashiの救助隊

関連記事一覧