テレビのアンテナレベルが安定しない!原因と対処方法を解説

テレビのアンテナレベルが安定しない!原因と対処方法を解説

安定しないテレビのアンテナレベル

自宅のテレビを視聴していて、映りがわるかったり映像が乱れたりするのはアンテナレベルが安定していないからかもしれません。また、アンテナレベルが低いと、特定のチャンネルだけ映らないなんてこともあります。

テレビのアンテナレベルが安定しない・低いという状況なら、原因を知り対処方法を施すことで改善できるかもしれません。そこで今回は、テレビのアンテナレベルが安定しない・低い場合の原因と対処方法を紹介していきます。

テレビのアンテナレベルとは?

アンテナレベルとは、地上デジタル放送の電波を受信する強度のことを指しています。受信強度と呼ばれることもあるのですが、一定のレベルの電波を受信しなければ映像が乱れたりするのです。そのため、「テレビのアンテナレベルが安定しない」=「安定したテレビ視聴ができない」ということになります。

テレビアンテナの最大値は、使用しているテレビの機種によって異なります。ただ、一般的に50~65程度の強度があれば安定したテレビ視聴が可能です。

アンテナレベルの確認方法

使用しているテレビのアンテナレベルは、自分でも調べることができます。テレビの機種によって調べて方は違うのですが、基本的な操作は同じです。そこで、基本的なアンテナレベルの確認方法を紹介しておきましょう。

手順1.テレビリモコンの「ホーム」ボタンから「設定」を選択

手順2.受信設定を選択

手順3.アンテナレベルを選択

基本的にはこの3つの手順にて、アンテナレベルを確認することができます。ただ、機種によって細かい部分が違うため、わからない場合はテレビの説明書でアンテナレベルの確認方法を調べましょう。

関連ブログ:BSが映らない?そんな時はこれ!

アンテナレベルが安定しない原因を解説

アンテナレベルが安定しない原因は、大別すると4つほど考えられます。それぞれの原因を解説していきますので、アンテナレベルが安定していないなら該当する原因はないかチェックしてみてください。

原因1:アンテナの向きが間違っている

アンテナレベルが安定していない理由は、アンテナの向きが間違っているからかもしれません。アンテナを設置した時には正しい向きだったとしても、風の影響によって向きが変わっている可能性があるのです。とくにUHFアンテナの場合、風の影響を受けやすくて向きが変わってしまうことがあります。

台風などによる強風があってからアンテナレベルが安定しなくなったのなら、アンテナの向きが原因かもしれません。アンテナの向きの調整はとても重要なのですが、慣れない屋根上での作業となります。そのため、できるだけ専門業者に依頼するのがおすすめです。

原因2:アンテナケーブルの接触不良

テレビに接続するアンテナケーブルが正しく接続されていない、もしくは接触不良となっているとアンテナレベルが安定しません。普通に生活していれば、アンテナケーブルを触る機会はありません。しかし、テレビの位置を移動させたり、テレビ周辺のお掃除をしたりする際に接触不良を起こしてしまうことがあるのです。場合によっては、断線してしまうケースもあるので注意してください。

原因3:アンテナからテレビまでの距離

アンテナとテレビの距離が長い場合、アンテナレベルが安定しないことがあります。距離が長いほど、接続しているケーブル・配線が長くなります。その結果、信号が損失してしまい、電波の受信が届きにくくなってアンテナレベルが低下するのです。

そのため、テレビの設置場所は、アンテナの位置も考慮するべきです。また、どうしてもアンテナとテレビまでの距離が長くなってしまう場合、それなりの対処をするようにしましょう。対処方法については、次の章にて解説するので参考にしてみてください。

原因4:アンテナの故障や破損

アンテナが破損している場合、アンテナレベルが安定しません。そのため、アンテナレベルが安定しない時には、アンテナが破損していないのかチェックをするべきです。また、アンテナの故障が原因のケースもあります。ただ、アンテナの故障や破損が原因だった場合、アンテナレベルが急にゼロになってしまうことが多いです。いきなりアンテナレベルがゼロになったら、まずはアンテナの故障・破損を疑ってみてください。

アンテナレベルが安定しない時の対処方法を解説

アンテナレベルが安定しない原因がわかったら、それに対応する対処方法を行うべきです。そうすれば、アンテナレベルが安定するかもしれません。そこでここからは、アンテナレベルが安定しない時の対処方法について紹介していきます。

対処方法1:アンテナの向きを正しくする

アンテナが強風などの影響で向きが変わっていた場合、正しい向きに直すことでアンテナレベルは安定するはずです。自力でアンテナの向きを直すなら、まずは電波塔の位置を正確に知る必要があります。最寄りの電波塔を知る方法ですが、アプリを利用するのが手軽でおすすめです。『地デジアンテナ調整』アプリというものがあり、このアプリを使えば電波塔の位置がわかり最適な向きに調整することができます。

ただし、アンテナの向きを変えるのは屋根上での作業です。高所での作業であり、しかも慣れていない作業となります。そのため、転落などのリスクがあるため、基本的には専門業者に依頼するのがおすすめです。自力で行う場合には、安全確認をしてから無理のない範囲で行いましょう。

対処方法2:アンテナケーブルをつなぎ直す

アンテナケーブルの接触不良が原因の場合、まずはアンテナケーブルをつなぎ直してみましょう。接続し直すことで、アンテナレベルが安定するケースが多々あります。また、アンテナケーブルをつなぎ直してもアンテナレベルが安定しない場合、ケーブルが劣化しているかもしれません。そのため、新しいアンテナケーブルに交換してみるのもおすすめです。

対処方法3:ブースターを設置する

テレビとアンテナの距離があり、それが原因でアンテナレベルが安定しないなら、「ブースター」を設置するという対処方法で改善できるかもしれません。ブースターとは高周波用の増幅器であり、アンテナからテレビまでの電波の損失を防ぐ効果があります。そのため、アンテナレベルの安定につながるのです。テレビとアンテナの距離があるなら、ブースターを設置してみてください。

対処方法4:専門業者に相談・依頼する

アンテナレベルが安定しない場合、専門業者に相談・依頼するのも対処方法の1つです。すべて自分で対処するのもいいですが、原因が複雑で自分では対処できないケースもあります。そのため、初めから専門業者に相談してみて、原因をはっきりさせて対処するのも選択肢としてありです。

専門業者に相談すれば、アドバイスや対処方法も丁寧に教えてくれます。もちろん、そのまま依頼してアンテナレベルを安定させることも可能です。自力で改善できない時には、専門業者に相談・依頼してみてください。

関連ブログ:テレビアンテナの修理方法!火災保険が適用される?

まとめ

テレビのアンテナレベルが安定しない場合、「アンテナの向き」「アンテナケーブルの接触不良」「アンテナからテレビまでの距離」「アンテナの故障・破損」などが原因として挙げられます。そのため、それらに応じた対処方法を取ることで、アンテナレベルを改善させることができるかもしれません。

弊社・アンテナテックでは、「アンテナレベルが安定しない」というお悩みについてもご相談可能です。原因を調査し、改善方法をアドバイスすることができます。アンテナレベルについてお悩みなら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

テレビアンテナ修理工事のトップページ紹介

関連記事一覧