雷でテレビが映らない?状況確認と対策方法は?

雷でテレビが映らない?状況確認と対策方法は?

雷でテレビが映らない?

落雷によって、「テレビが映らなくなった」ということを聞いたことがありませんか?実は、本当に雷が原因でテレビが映らなくなったしまうことがあるのです。そこで知っておきたいのが、状況確認の方法と対策方法です。

状況確認の方法を理解しておけば、テレビが映らなくなった原因がわかります。また、対策方法を実施しておくことで、雷の被害を抑えることができるのです。今回は、雷によってテレビが映らなくなった際の、状況確認の方法や対策方法を中心に紹介していきます。

雷によってテレビが映らなくなってしまう理由

雷が落ちることによってテレビが映らなくなってしまう原因は、雷により発生する電流です。この雷による電流が受信アンテナや電源コンセントを通して侵入し、テレビ本体やアンテナなどの受信設備が故障してしまうことがあるのです。

症状としては、「映像がまったく映らない」「電源が入らない」「エラーメッセージが表示される」「音声が出ない」などが挙げられます。また、テレビだけでなく他の家電製品も雷によって故障することがあるので注意してください。

自宅のアンテナに落雷しなくても故障する可能性がある

落雷によってテレビが映らなくなる原因は電流ですが、落雷被害は直撃とは限りません。実は、「直撃雷」と「誘導雷」という2種類の落雷被害があります。文字通り、直撃雷は自宅に雷が直接落ちて被害を受けることです。この場合、とてつもなく大きな電圧・電流が流れるため、多くの電化製品が故障してしまいます。

それに対し、誘導雷は近くに雷が落ち、それが電線や電話線などを伝って自宅に侵入して電化製品を故障させてしまう被害のことです。この誘導雷は、数キロ先まで及ぶことがあります。落雷による被害は、こちらの誘導雷のことが多いとされています。

関連ブログ:BSが映らない?そんな時はこれ!

雷が原因なのか状況確認の方法

雷によってテレビが映らなくなったのかは、状況を確認しなければわかりません。もしかしたら、他の原因によってテレビが映らなくなったという可能性もあります。それだけに、まずは状況確認をしていくことが重要です。そこでここからは、雷が原因でテレビが映らないのか状況確認の方法について紹介していきます。

まずはリセット操作をしよう

雷が落ちた後に「テレビが映らない」「電源が入らない」などの症状が現れたら、本体のリセットをすることで状況確認をすることができます。リセットの操作方法は、まずは機器の電源を切り電源プラグをコンセントから抜きます。そして、約1分経ってから電源プラグをコンセントに差し、リモコンの電源ボタンを押して電源を入れましょう。これで症状が改善されれば、落雷による故障ではありません。

ただし、この方法を行う際には、必ず雷がおさまってから行うようにしましょう。まだ雷が鳴っている段階で状況確認をすると、落雷による感電の恐れがあります。そのため、確実に雷がおさまったのを確認してから、リセット操作をしてください。

ブレーカーをチェック

ブレーカーをチェックするのも重要です。雷によってブレーカーが落ちてしまうケースがあります。そのため、テレビの電源が入らない際には、ブレーカーをチェックしてみるべきです。また、ブレーカーが落ちているのではなく、停電となっている可能性も考えられます。周囲の家を見れば、停電なのかをチェックすることができます。自分の家だけが停電しているなら、ブレーカーが落ちている可能性が高いでしょう。

屋外アンテナをチェック

落雷の場合、悪天候で雨や風が強いことが多いです。これによって、アンテナの向きが変わってしまうことがあります。その影響で、電波を受信することができず、テレビが映らないというケースもあるのです。そのため、雷が完全に鳴りやみ、天候が回復したら屋外アンテナをチェックしましょう。もし向きが変わっていれば、正しい向きに直しましょう。

専門業者に相談するのもあり!

いろいろ状況を確認してみたが、原因がわからない場合は専門業者に相談するのがおすすめです。専門業者に相談すれば、何が原因でどうすればいいのかをアドバイスしてくれます。そのまま修理となるケースもあり、専門業者に相談すればスピーディーに状況を確認・改善することが可能です。まずは自分で状況を確認し、それでも原因がわからないなら専門業者に相談してみましょう。

テレビにおける落雷対策について

テレビを落雷被害から守るためには、落雷対策をするのがおすすめです。方法はいくつかあるため、それらを行ってテレビを雷から守りましょう。それでは、テレビを雷から守る落雷対策方法について紹介していきます。

コンセントを抜いておく

簡単にできる対策の1つが、コンセントを抜いておくことです。落雷による被害は、コンセントから高圧な電流が流れることによって起こります。そのため、コンセントから抜いておくことで、落雷対策をすることができるのです。ゴロゴロと雷の音が聞こえ始めたら、コンセントを抜くようにするだけでも対策になるのです。ちなみに、この対策方法はテレビ以外の家電製品にも有効となっています。雷が鳴りだしたら、コンセントから抜いてしまいましょう。また、ブレーカーを落としておくことも、同じく落雷対策となります。

雷ガード機能がある電源タップを使用する

落雷によってコンセントから高圧の電流が流れてくることを防ぐ方法としては、雷ガード機能がある電源タップを利用する方法もあります。コンセントの間に雷ガードの電源タップを取り付けることにより、テレビの身代わりとなって守ってくれます。ただし、このタイプは使い捨てとなってしまうので注意してください。雷ガード機能がある電源タップで対策をしておくことで、外出中も安心して過ごすことができます。

ブレーカーに避電器をつける

ブレーカーに直接避電器を取り付けることで、落雷被害の対策になります。ブレーカーに避電器を取り付けることで、落雷による高圧電流が侵入するのを防ぐことができるのです。避電器の設置は、業者に依頼するのが一般的です。

火災保険の加入をしておく

落雷被害の対策としては、火災保険に加入するのもありです。落雷によってテレビが故障した場合、火災保険が適用されることがあります。加入している火災保険の適用範囲によって異なるのですが、家財が適用範囲に含まれているのならテレビも対象となります。そのため、家財が適用範囲となる火災保険に加入しておくことで、テレビが落雷で故障しても保険で修理することができるのです。現在、すでに火災保険に加入している方は、家財が適用範囲なのかチェックしてみてください。もし適用外であるなら、変更するのも選択肢の1つです。

まとめ

雷が原因でテレビが故障し、映らなくなってしまうことがあります。落雷が自宅に直撃しなかったとしても、数キロ先で雷が落ちたことで高圧電流が侵入して家電製品を故障させてしまうことがあるのです。

もし雷が落ちてテレビが映らなくなったら、リセット操作をしたりブレーカー・屋外アンテナをチェックしたりしましょう。それでも原因がわからないなら、専門業者に相談するのがおすすめです。落雷対策としては、「コンセントを抜く」「雷ガード機能付きの電源タップを使う」「ブレーカーに避電器を取り付ける」「火災保険に加入する」などが挙げられます。

弊社・アンテナテックでは、雷が落ちてテレビが映らなくなったという相談にも対応しています。テレビやアンテナ関係で相談したいことがある場合、お気軽にお問い合わせください。

テレビアンテナ修理工事のトップページ紹介

関連記事一覧