テレビアンテナと分配器の関係!必要なの?自分で取り付け可能?

テレビアンテナと分配器の関係!必要なの?自分で取り付け可能?

テレビアンテナの設置と分配器

テレビの視聴は、テレビアンテナの設置だけではできません。しっかり配線されていることで、テレビを視聴することができるのです。テレビアンテナの配線では、分配器が必要となるケースが多くあります。しかし、分配器という名前は知っているけど、「どこに必要なのか?」「自分で取り付けられるのか?」などについてわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、分配器について詳しく紹介していきます。

分配器が必要なケースについて

テレビ視聴のために分配器が必要なケースとは、複数の部屋でテレビを視聴する場合です。分配器は、簡単に言ってしまえば「テレビアンテナで受信した電波を、複数のテレビに分けるアイテム」です。そのため、分配器を使用することによって、複数のテレビを視聴することができます。

また、テレビ端子がない部屋にテレビを置きたいというケースでも、分配器を利用することで解決することができます。テレビ端子がなくても、分配器を使うことで電波を、受信できる環境を作ることができるのです。

分配器と分波器の違いって?

分配器とよく間違われるのが「分波器」です。名前が似ているわけですが、実は分配器と分波器では役割が全く違います。先ほど紹介したように、分配器はテレビアンテナで受信した電波を複数のテレビに分配する役割です。これに対し、分波器はアンテナ線に向かってきた複数の電波を分ける役割があります。

基本的に、地上波のアンテナと衛星放送(BS・CS)のアンテナは別ものであり、別のアンテナ端子があるはずです。しかし、近年は2つのアンテナが一体になって、まとめてケーブル配線がされているケースがあります。地上波の電波と衛星放送の電波が同じアンテナ線で来た際に、2つに分けてくれるのが分波器なのです。

このように、分配器と分波器では役割が違います。分配器を購入する際には、間違えて分波器を購入しないように気を付けましょう。

 

分配器は自分で取り付けられる?

複数の部屋でテレビ視聴をしたいなら、分配器を取り付けることで解決します。しかし、そこで気になるのが分配器は自分でも設置することができるのかではないでしょうか。そこでここからは、分配器は自分で取り付け可能なのかについて紹介していきます。

自分で設置することは可能!

分配器の取り付けは、自分でも行うことが可能です。基本的に、購入した分配器に接続方法などが書かれています。その方法通りに取り付ければ、問題なく接続することができます。そこまで難しい作業ではないため、自分で取り付けにトライしてみるのもいいでしょう。

自分では無理だった場合には、業者に依頼してください。業者に依頼すれば、簡単に接続してくれます。また、業者に依頼することにより、分配器のベストの取り付け位置などを教えてもらうことができます。それだけに、最初から業者に依頼するのもありです。

分配器を選ぶ際の注意点

自分で分配器を購入し、取り付ける時には1つ注意すべき点があります。それは、目的に合った分配器を選ぶことです。分配器には、「全端子通電形」と「1端子通電形」の2種類があります。複数のテレビでBS・CS放送を視聴したい場合、全端子通電形を選択する必要があります。逆に、特定の1台のみでBS・CS放送を視聴する場合、1端子通電形でもOKです。どちらにすべきか迷った時には、全端子通電形の分配器を購入しておくのがおすすめです。

テレビアンテナの工事と一緒に行うのがおすすめ!

最初から複数の部屋でテレビを視聴するつもりがあるなら、テレビアンテナを設置した時に分配器の取り付けも依頼しておくのがおすすめです。どうしても、自分で取り付けるのには不安があるという方が多くいらっしゃいます。そのため、最初から業者に依頼しておけば安心です。今は1台しかテレビがないけど、今後テレビを増やす予定があるなら、アンテナ工事の際に分配器の取り付けも依頼しておきましょう。

関連ブログ:テレビアンテナの取り付け位置!どこがベストなの?

分配器を使用すると電波に影響する?

分配器を使用することで、複数のテレビを視聴することができます。しかし、1つ心配なのが、「分配器の使用によって電波に影響を与えてしまわないのか?」ではないでしょうか。そこでここからは、分配器と電波の関係について紹介していきます。

分配器の使用で電波が安定しないこともある!

分配器の使用は、テレビアンテナで受信した電波に悪影響を与える可能性があります。分配器は、ひとつのテレビ端子から複数のテレビへ均等に電波が行き渡るように分配されます。そのため、分配器によって複数のテレビに電波を送ることにより、電波の損失が起こってしまうことがあるのです。その結果、安定したテレビ視聴ができないことがあります。

これまで安定したテレビ視聴ができたのに、分配器を取り付けてから安定しなくなったなら、電波が分配器を通過する過程で損失している可能性が高いです。この場合、対処しなければ安定したテレビ視聴ができません。

ブースターで電波を安定させよう!

分配器によって電波の損失で安定したテレビ視聴ができないなら、ブースターを使用することで対処することが可能です。ブースターとは、テレビアンテナで受信した電波を増幅する機器のことです。電波を増幅させることができるため、電波の分配によって損失した電波を補うことができます。そのため、ブースターは分配器による電波損失の対処方法として有効です。

ブースターの選び方ですが、「使用帯域」「利得」「定格出力」の3つがポイントになります。まず使用帯域とは、増幅できる帯域のことを示しています。利得は、信号をどれだけ増幅できるかを示した数値です。定格出力とは、受信品質を保ったまま増幅できる最大の出力レベルのことを指しています。この3つに注目しながら、ブースターは選ぶのがおすすめです。

業者に相談するのもあり!

分配器を取り付けたことで安定したテレビ視聴ができなくなった場合、業者に相談してみるのも選択肢の1つです。もしかしたら、分配器が原因ではない可能性があります。しかし、素人では何が原因で電波が安定しないのかがわかりません。そこで、業者に依頼することで、原因を調査して最善の対処をすることができるのです。

また、分配器の取り付けが原因だった場合でも、ブースターを選んだり取り付けたりするのに不安な方も多いでしょう。業者に相談することで、どんなブースターが良いのかを提案してくれたり、設置を依頼したりすることができます。そのため、安定したテレビ視聴ができない時には、最初から業者に相談するのもありなのです。

 

まとめ

分配器は、複数のテレビで視聴するために必要なアイテムです。テレビアンテナで受信した電波を複数のテレビに分けることが可能です。分配器は、自分でも取り付けることができます。ただ、不安がある場合には、テレビアンテナを設置した際に業者に依頼しておくのがおすすめです。

また、分配器を取り付けたことで、安定したテレビ視聴ができなくなるケースがあります。これは、分配器によって電波の損失が起こり、安定したテレビ視聴ができないことがあるのです。解決方法としては、ブースターを設置するのが有効です。

弊社・アンテナテックでは、分配器やブースターの取り付けにも対応しています。テレビアンテナの設置の際に、分配器・ブースターを取り付けることも可能です。自分で取り付けるのが不安・心配という場合には、ぜひお気軽にご相談ください。

テレビアンテナ修理工事のトップページ紹介

関連記事一覧