テレビアンテナの耐用年数は?チェックすべきポイント

テレビアンテナの耐用年数は?チェックすべきポイント

テレビアンテナの耐用年数について

テレビは生活必需品の1つとなっており、テレビを見る方が多いのではないでしょうか。そんなテレビを見るために必要なのがテレビアンテナです。屋根の上に設置されていることが多いテレビアンテナですが、実はテレビアンテナにも寿命があります。

そこで知っておきたいのが、テレビアンテナの耐用年数や寿命なのかをチェックする際のポイントについてです。耐用年数やチェックポイントを理解しておくことで、事前にメンテナンスをしたり新品と交換したりすることができます。今回は、テレビアンテナの耐用年数と寿命なのかのチェックポイントを中心に紹介していきます。

一般的にテレビアンテナの耐用年数は約10年!

テレビアンテナの耐用年数ですが、基本的には10年ほどとなっています。もちろん、10年経過してすぐに故障するとは限りません。場合によっては5年程度で寿命になることもありますし、20年以上も故障しないケースもあります。そのため、テレビアンテナの平均的な寿命は約10年だと覚えておきましょう。

環境や種類によって寿命は違うので注意

テレビアンテナの寿命は約10年というのが平均的な数字ですが、実際にはテレビアンテナの種類や設置されている環境によって大きく異なります。テレビアンテナの種類ですが、錆に強い部品を使っていたり、アンテナの配線が防水加工を使用したりすることで寿命を延ばすことが可能です。錆に強い部品とは、主にステンレスが挙げられます。そのため、ステンレス製のテレビアンテナは、比較的に寿命を延ばすことができるのです。

また、環境としては雪が降るエリアや海岸沿いのエリアは寿命が短くなる傾向があります。雪によって腐食や負荷がかかってしまい、寿命が短くなることがあるのです。海沿いのエリアは、塩害による影響で腐食してしまう可能性があります。そのため、雪が降る地域や海沿いはテレビアンテナの寿命が短くなりやすいので注意してください。

テレビアンテナが寿命?チェックすべきポイント

テレビアンテナの寿命が近いのかを知らなければ、メンテナンスや新品への交換という判断が難しいです。そこで知っておきたいのが、寿命なのかチェックすべきポイントについてです。ここからは、テレビアンテナが寿命なのかをチェックする際のポイントを紹介していきます。

アンテナの部品に大量の錆が付いていないか?

アンテナの部分に大量の錆が付いていれば、それは寿命が近いサインです。あまりにもさび付いている場合、強風などによって折れたり曲がったりするリスクがあります。それだけに、大量の錆が付いている場合には、アンテナを交換するのがおすすめです。

アンテナを支える針金が錆びていないか?

アンテナを支えている針金が錆びている場合も、寿命が近いと考えることができます。ただ、アンテナ本体の部品が錆びていないなら、針金を交換するというメンテナンスだけでもOKかもしれません。その判断は、素人がするのは難しいでしょう。そのため、専門業者に相談して、テレビアンテナを交換するのか、それとも支えている針金だけを交換するのかを決めるのがおすすめです。いずれにしても、アンテナを支えている針金が錆びていたら危険なので、最低限のメンテナンスをするべきでしょう。

アンテナを固定する土台が錆びていないか?

アンテナを固定している土台が錆びている場合、これも寿命が近いサインとなります。土台が錆びていれば、土台が壊れてアンテナが落ちてしまうリスクがあります。そのため、アンテナを交換する、もしくは土台を交換するようにメンテナンスするのがおすすめです。土台が錆びていればアンテナ部分も錆びている可能性が高いため、基本的にはアンテナを交換してしまうのがいいでしょう。この場合も、専門業者に相談してどう対処するべきなのか、アドバイスしてもらうのがおすすめです。

アンテナの一部の素子が破損していないか?

テレビアンテナの一部の素子が破損しているなら、これも寿命が近いサインです。一部の素子が破損していても、問題なく電波を受信できてテレビを視聴できるケースもあります。しかし、いつ電波を受信感度が悪くなってもおかしくありません。そのため、もしアンテナが倒れるなどし、一部の素子が破損しているなら新しいテレビアンテナに交換するのがおすすめです。完全に壊れてしまう前に、交換するのがいいでしょう。

テレビアンテナを交換するメリット

テレビアンテナの寿命が近くなったら、交換しておくことがおすすめです。交換しておくことによって、「受信感度を上げる」「不安なく利用できる」という2つのメリットがあります。それぞれのメリットについて、詳しく紹介していきます。

受信感度を上げることができる

新しいアンテナに交換するメリットは、電波の受信感度を上げることができることです。アンテナの性能は進化しており、10年前に比べればだいぶ高くなっています。そのため、寿命に近いテレビアンテナを交換すれば、受信感度が高くなる可能性が高いのです。とくに「テレビの映りが悪い」「ノイズがある」などの症状がある場合には、テレビアンテナを交換するというのは選択肢の1つです。

不安なく利用することができる

不安なく利用できるのも、新しいアンテナに交換するメリットです。アンテナを支えている土台や針金が錆びている状態だと、台風などの強風でアンテナが折れてしまう可能性があります。台風が到来するたびに、「大丈夫かな?」と心配していてはきりがありません。そのため、設置してから長期間経過したテレビアンテナを交換することで、アンテナが落下する心配をしないで済むのです。

テレビアンテナは自力で交換できる?

テレビアンテナをチェックし、「寿命かな?」と感じたらテレビアンテナを交換するべきです。しかし、そこで気になるのが自分でテレビアンテナを交換することができるのかです。ここからは、テレビアンテナの交換について紹介していきます。

自力でも不可能ではない!

テレビアンテナの交換は、自力でも不可能なわけではありません。DIYが得意な人なら、自力でテレビアンテナを設置することができるはずです。ただし、テレビアンテナは屋根の上に設置することが多いです。高所での作業となり、危険なので安全第一で設置作業をするようにしましょう。

基本的には専門業者に依頼するのがおすすめ!

自力でも不可能なわけではありませんが、基本的にはテレビアンテナの交換は専門業者に任せるのがおすすめです。専門業者に依頼することによって、リスクを冒さずに新しいテレビアンテナを設置することができます。不要になったテレビアンテナの処分方法などについても、専門業者に相談することが可能です。無理して自分で交換するのではなく、専門業者に依頼するのがおすすめです。

まとめ

テレビアンテナの耐用年数ですが、基本的には10年ほどで寿命となるケースが多いです。しかし、すべてのテレビアンテナが10年でダメになるとは限りません。環境や種類によって、寿命は変わってくるのです。そのため、定期的にテレビアンテナをチェックし、破損や錆などを確認しましょう。あまりにも錆びついていたり、破損している場合には専門業者に相談したり、交換したりするのがおすすめです。

弊社・アンテナテックでは、テレビアンテナの寿命やメンテナンスについての相談にも対応しています。もちろん、新しいアンテナと交換する際の対応も可能です。テレビアンテナで疑問・相談がある場合、お気軽にお問い合わせください。

テレビアンテナ修理工事のトップページ紹介

関連記事一覧