テレビアンテナ工事(設置・修理)をわかりやすく解説

テレビアンテナ修理の費用相場は?費用を節約するテクニックも紹介

テレビの視聴に必要不可欠なテレビアンテナ。屋根の上に設置している定番のパターン以外にも、最近ではベランダや軒先などにも設置できるコンパクトなテレビアンテナも人気を集めています。しかし、ここ数年で深刻化している地震や台風などの自然災害により、テレビアンテナが破損し修理が必要となるケースが相次いでおり、急激に修理のニーズが高まっています。

そこで今回は、テレビアンテナの修理を依頼する際に注意すべきことや修理費用の相場、修理を依頼する際の流れなどもあわせて解説します。これからテレビアンテナの修理を検討している方は、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。

アンテナ

修理の効果について

アンテナ修理

テレビアンテナは家屋のなかでも高い場所に設置されており、足場も不安定なため作業には危険を伴います。また、単にアンテナを固定すれば良いというものでもなく、アンテナの指向性なども考慮しないと安定してテレビを視聴することができません。そのため、台風や地震などの天災によってテレビアンテナが倒れてしまった場合は、自分一人で修理をするのではなく専門業者に来てもらい作業を依頼することがもっとも安全で確実な方法といえるでしょう。

また、屋上に設置されているアンテナから部屋の中のテレビまではアンテナ用の同軸ケーブルで配線されており、アンテナ本体に問題がなくても同軸ケーブルが断線しているとテレビが映らなくなることもあります。断線にはさまざまな理由が考えられますが、ネズミやハクビシンなどの害獣による被害も最近では増えていることから、それらの対策も同時に行わなければならないケースもあります。

台風の被害によってテレビアンテナが破損し、買い替えなければならなくなった場合でも、多くの修理業者では古いテレビアンテナの回収も行っているため処分に困ることもありません。

修理の平均相場について

修理相場

一口にテレビのアンテナ修理といっても、作業内容はさまざまなパターンに分かれます。たとえば台風や地震でアンテナが倒壊した場合でも、アンテナを支えている土台や固定器具がそのまま使えるケースもあれば、全てが破損し新たに一から設置し直さなければならないケースもあります。

もしアンテナ本体が無傷で固定器具もそのまま使用できる場合であれば、5,000〜1万円程度の修理費用で収まるケースが多いですが、固定器具ごと設置し直す必要があれば1万5,000〜2万円程度の修理費用がかかるケースもあります。また、地上波以外にもBSやCS用のアンテナを設置していて、それも合わせて修理が必要となれば同様の料金が追加される可能性もあります。

さらに、アンテナから受信した信号を増幅させる「ブースター」や、複数のアンテナケーブルに分ける「分配器」などが設置されている場合、追加で5,000〜2万円程度の費用が加算されることも。

もしアンテナ自体に問題がなく、内部の配線を修理する必要がある場合は、配線の長さや修理箇所によっては数万円以上のコストがかかってしまう可能性も考えられます。このように、一見単純に見えるテレビアンテナの修理も、修理が必要なケースに応じてさまざまなパターンがあり、費用も大きく変わってくるのです。

出張修理のご依頼までの流れについて

依頼までの流れ

テレビアンテナの修理を依頼する際の大まかな流れとしては、まず専門業者に電話で症状などを申告し、修理が必要と判断されれば訪問日程を調整します。その後、実際に作業員が自宅まで訪問しテレビの映り具合やテレビアンテナの状態を確認し修理作業を実行。その後異常がなく修理が完了すれば、その場で修理代金を支払うというのが一連の流れです。

ただし、電話で申告した時点では正確にテレビアンテナの状態が分からず、実際に自宅に訪問した際に正確な診断を行うことから、当日に全ての作業が完結できない可能性もあります。テレビアンテナを固定している器具やパーツが特殊な形状で取り寄せが必要であったり、作業人員が足りなかったりすると後日再訪問となることもあるでしょう。

また、特に台風の季節などはテレビアンテナの修理依頼も増えるため、作業の担当者も複数の自宅を1日に何軒も回っていることがほとんど。そのため、訪問のタイミングによっては直前にトラブルがあって時間をオーバーしてしまう可能性も考えられます。そのようなリスクを抑えるためにも、できるだけ朝早い時間帯を予約するのがおすすめです。

修理と同時に行う、お部屋片付けについて

同時に片付け

テレビアンテナの修理を行うということは、アンテナの受信状態を知るためにもテレビのある部屋に修理業者の担当者が上がることになります。しかし、片付けが苦手な人のなかにはゴミや不用品が散乱し、いわゆるゴミ屋敷のような状態になっているケースも少なくありません。その結果、部屋の状態を知られるのが怖くて修理業者を呼べずに放置してしまう人も存在します。

一人ではどうしようもなく対処が難しい場合は、個別に訪問し不用品の買取やゴミ収集を行ってくれる業者に依頼してみましょう。ゴミの量によっても料金は変わってきますが、もし不用品のなかに買取が可能な商品があれば料金と相殺することも可能です。特に家電製品やアクセサリー、衣類など、状態が良ければ高価買取が可能な商品も多いです。

出張修理を火災保険と組み合わせて0円で工事する方法について

火災保険と組み合わせ

地震や火事など、万が一に備え火災保険に加入している人も多いと思いますが、実はテレビアンテナの修理にも火災保険が適用できることをご存知でしょうか。全てのケースに当てはまるとは限りませんが、火災保険をうまく活用してテレビアンテナの修理費用を安く抑える方法を紹介しましょう。

まず、テレビアンテナが破損してテレビが映らなくなった場合、すぐにその場で写真に収めておくことが重要です。これはテレビアンテナの修理だけではなく、家屋の破損などにおいても同様のポイントです。撮影のポイントとしては、テレビアンテナを複数の角度から撮影し、どの箇所がどの程度破損しているのかを分かるようにしておくことが重要です。

ただし、テレビアンテナという設置箇所の特性上、高所で足場の不安定な環境ということもあり、落下の危険も伴います。台風や大雨など悪天候の中で高所に登ることは非常に危険なため、十分な安全が確保できた状態で行うようにしましょう。

その次に、実際に修理業者に来てもらい見積もりを出してもらい、それを保険会社に送付します。このとき、火災保険の内容によっては一定の条件があり、あまりにも少額な修理費用は補償の対象とならないケースがあるため注意が必要です。修理業者に見積もりを依頼する際には、事前に火災保険の契約内容と照らし合わせ、補償の対象となるような施工が可能かどうかを判断してもらいましょう。

実際に依頼するならどこがいいか

修理を依頼する業者によっては、火災保険の手続きをサポートしてくれる所もあります。
自分で契約内容と照らし合わせ、確認して申請、結果を待って、場合によってはやり直す。という面倒な作業がついて回るのが保険の手続き。
慣れている人など滅多にいませんから、そんな所もサポートしてもらえるなら安心ですし、何より精神的な負担も軽減されるでしょう。

それ以外にも
・何らかの事情があって一般の修理業者を呼べずに困っている方も、お部屋の清掃とテレビアンテナ工事をワンストップで依頼できる。
・スケジュール調整やコスト的な面でメリットを感じられる。
・プライバシーに配慮しつつお部屋の清掃を行い、専門性の高いテレビアンテナ工事も安心して依頼できる。
など、お客様によって悩みは様々だと思いますので、参考として、おすすめ業者をご紹介します。

・アンテナテック

https://www.antena-tech.jp
テレビアンテナ修理の専門業者
保証付きで安心!修理や、取付けだけでなく、処分もまとめて対応が可能です。
自然災害での破損の場合、火災保険の申請サポートも行っており難しい手続きもすべておまかせで修理可能!

アンテナ・屋根修理ならアンテナテック

 


さらに、Kurashiの救助隊ではテレビアンテナ修理や設置工事、撤去工事と併せて清掃業務に対応可能な業者の紹介もしています。
その他、暮らしのことでのお困りごとがありましたら、お気軽にKurashiの救助隊にご相談ください。